どうすれば失敗しない!?注文住宅の間取りの決め方

admin

admin


まずは優先順位を考えよう

間取りを考える前に、まずは家族でどのような設備に力を入れたいのかを考えることが必要です。間取りにおいて優先すべき順位がはっきりしていれば、予算内に収めようと思ったときに、削る場所をいち早く決めることができますよね。

水回りの設備はひとまとめに

間取りを決める際には、水回りの設備がどこにするかを考えることが必要です。水回りの設備は、排水音がしてしまうので、静かに過ごしたい部屋からは離すほうがいいですよね。また、水回り設備はひとまとめにした方が、工事の際にもメンテナンスの際にも費用を抑えることができるのでおすすめですよ。

風通しも考えて決めよう

日本は夏の湿気が高い気候をしていますよね。空調設備だけでどうにかしようと思うと電気代が高くなってしまうので、間取りで工夫することがおすすめですよ。間取りを考える際には、風の通り道ができるように考えると、快適に過ごすことができます。地域によって気候は微妙に異なるので、ライフスタイルなども含めて考えると失敗しません。

動線を意識して間取りを考える

家の間取りを決める際には、動線を意識して作ることが欠かすことのできない条件です。家の中での活動は、料理に洗濯、掃除など多種多様に存在していますよね。それらの動きが間取りによっていちいち遮られていてはイライラしてしまいますよね。普段の一日の動きを思い出しながら、どのような間取りにすれば快適に過ごせるかを考えるといいですよ。

坪数ではなく奥行きや幅を考える

間取りを決める際には、見取り図を作成するものですが、見慣れない人にとってはなかな想像しづらいものですよね。そのような際には、坪数ではなく奥行きや幅の長さを記入して、実際にどれほどの大きさになるかを考えるとわかりやすいですよ。

神奈川の注文住宅を選べば、まず都心にも近く通勤などにも便利ですし、神奈川の中でも新興住宅街を選べば子育てなどもしやすいです。