注文住宅は動線が大切!3つの動線と収納について知ろう!

admin

admin


注文住宅における動線設計のポイントとは?

注文住宅は動線を意識した設計にすることが大切です。基本的には動線を短くすると、日常生活での無駄な動きが省けるでしょう。生活動線には「家事動線」「生活動線」「来客動線」があります。家事動線は効率的に家事をするための動線です。同時に複数の家事ができたり、子供の様子を見ながら家事ができたりする環境を整えます。家事をする場所がまとまっていると、効率的に動けるのです。また、台所内での動きや洗濯をしてから干すまでの動きなど、家全体だけでなく、スペースごとにも動線を考えるといいでしょう。

生活動線では、家族が日常的に過ごしやすい動線かを確認します。忙しい時間帯に家の中での移動距離を短くできるようにするのがポイントです。来客動線とは、お客さんが来ても生活している部分を見せないための動線を指します。例えば、玄関から客間までの距離が短い場合、家族のプライバシーは守れるでしょう。万が一、客間までにリビングや寝室・浴室があると、生活している様子が伝わりやすくなるのです。来客中のため、浴室やトイレが使いづらいなど気を使う場合もあります。よって、家族のためにも客間などの配置はよく考えることが大切です。

収納するものを考えてから、収納スペースを設計しよう

収納スペースの設計も重要です。最初に収納したいものを考え、利用する場所の近くに収納スペースを作るといいでしょう。玄関の横に大きなウォークインクローゼットを作ると、備蓄品やペットボトルに入った飲み物などを手間なく収納できます。また、洗面所の横にタオル収納場所、子供部屋の服収納など、将来的なことを考えた収納スペースにすることも大切でしょう。

京都の注文住宅はエコ住宅に努めています。電気代やガス代の削減が実現していますし、建築素材もエコな素材を使っています。