注文住宅で失敗しない、3つの収納設計ポイント

admin

admin


生活の質を左右する収納設計

注文住宅において、住宅設計は慎重に行いたいものです。特に収納の設置場所や広さは、快適な生活を送る上で重要なポイントの一つになります。住み始めてから不便を感じないよう、ライフスタイルの変化を見据えた収納設計をしましょう。

1.収納の種類と用途は?

収納には様々な種類・形態があり、用途によって使い分けます。衣服や生活用品の収納に用いる「クローゼット」や「ウォークインクローゼット」、日頃使用しない物を収納する「屋根裏収納」、大容量の収納が可能な「納戸」などは一般的です。その他、キッチンへの設置が便利な「床下収納」、見せる収納「ニッチ」などは、生活を豊かにしてくれます。

2.収納スペースの用途を具体的にイメージする

ライフスタイルや好みによって、必要な収納スペースや配置場所は変わります。

例えば、服をたくさん収納してすぐ選びたい場合、ハンガータイプのウォークインクローゼットが便利です。足腰に不安があるなら、ハシゴで昇降するタイプの「屋根裏収納」を避け、「納戸」を設ける方法もあります。間取りを確認する際、自分の生活をイメージして「どこに何を収納するか」ある程度は計画しておきたいものです。

3.生活動線や家事動線を意識した収納配置を

日頃使う物は使う場所に、季節家電などは大きな収納場所に片付けておけると便利ですよね。このように、収納スペースは生活動線や家事動線を考慮して決めると失敗しません。小さな収納でも使う場所にあると便利なものです。せっかくの注文住宅ですから、間取りのデッドスペースなどをチェックするといいでしょう。

埼玉は都心へのアクセスがよい地域が多くあります。埼玉の注文住宅なら、通勤しやすい場所に、自分の生活スタイルに合わせた理想の住宅を手に入れることが出来ます。