理想の家造りとは?人生最大の買い物で後悔しないために

admin

admin


「家を買いたい」と思ったら

「家を買いたいね」…こんな話がパートナーとの間で交わされ始めるのはどんな時でしょうか?人生のプランニングや価値観は様々ですから、「家を買いたい」と思うタイミングも人それぞれでしょう。

家は「人生最大の買い物」と言われるように、通常であれば何度も購入するものではありません。だからこそ、「買い慣れる」ということはありませんし、「買うコツをつかむ」ことが難しいのではないでしょうか。そもそも、「家を買いたい」と思ったら、まず何をすればいいのでしょう?

どんな家に住みたいか具体的にイメージしてみよう

前項で「人生のプランニング」と書きましたが、予め人生設計がしっかりある人であれば、家も具体的にイメージしやすいのではないでしょうか。

例えば、「田舎でのんびり子育てしたい。子供は2人。庭に大型犬を1頭飼う。マイカーで今の会社に通勤し、老後は畑でもやってのんびり暮らしたい」というプランなら、家は必然的に「庭付き駐車場付き、子供部屋は一つか二つ、バリアフリー仕様」と決まってきます。しかも、会社から車で通える範囲となると住む地域も絞られてきます。

「家造り」は「人生プラン作り」

つまり、「理想の家造り」は「理想の人生プラン作り」ということになります。家は人生最大の買い物です。建ててしまった後では、やっぱり気に入らなかったからといって気軽に建て替えることはできないのです。だからこそ、「どのような人生を送りたいか」を予めよく考えておく必要があります。

しかし、人生にはハプニングがつきもの!想定外のことが起きてしまったら、リフォームや増築や減築、場合によっては買い替えなどの手段もあります。用心深くなりすぎず、まずは新聞の折り込みチラシやネットなどから情報収集を始めてみましょう!

2000万の家を建てるときは、ハウスメーカーや工務店、設計事務所のどれかを選んで依頼するのが一般的です。それぞれのメリットやデメリットを見極めて選ぶことが必要です。