失敗しない注文住宅づくり!大手のハウスメーカーと地元工務店の違いを紹介

admin

admin


大手のハウスメーカーの特徴とは

注文住宅選びで迷うのはどのメーカーに依頼して良いかということです。一般的に大手のハウスメーカーか地元工務店に依頼する人が多いですが、両者の違いはどこにあるのか今一つ良く分からない人が多いかもしれません。大手のハウスメーカーは基準やルールが明確化されているため、一定の品質が保証されているという特徴があります。ほとんどの設備がメーカー保有する工場で生産されるため、注文住宅の質にバラつきがありません。また家づくり全体の流れがシステム化されているため、工期は約3カ月程度と地元工務店に比べると効率が良いです。アフターメンテナンスも制度化されているため、定期点検や保証などをしっかりしてくれます。大手企業なので担当者が異動することがありますが、ルールが確立されているのでアフターメンテナンスの質は保証されます。

地元工務店の特徴とは

一方地元工務店の場合、企画やルールは会社によって様々です。さらに職人の腕によって差が出るため、大手ハウスメーカーに比べて品質に当たり外れがある傾向です。しかし、価格は大手ハウスメーカーよりも安めであり、同じ規模の注文住宅を建てる場合2~3割程度抑えられるといわれています。これは大手ハウスメーカーでは広告宣伝費にコストをかけていて、その分が価格に反映されている側面があるからです。また地元工務店では間取りや外観デザインなどのプランを、施主と一緒に作り上げていくため、自由度の高い注文住宅を作り上げることができます。もし注文住宅で細部にこだわりを見せたいならば、地元工務店がおすすめです。

こだわりのマイホームを建てたいなら、大阪の注文住宅が適しています。素材や間取り、インテリアなど、希望の条件を叶えることができます。