オール電化賃貸物件のメリットを考えてみよう

admin

admin


熱源を使用しないので安全

近年は一般家庭でもオール電化が徐々に普及しているのに伴って、賃貸物件でもオール電化の部屋になっているものが登場してきています。オール電化の賃貸物件に住むことによって得られるメリットを考えてみましょう。
まず、オール電化にするとガスを一切使わなくなります。ガスを使わないで済むということは火の消し忘れがなくなるため、自分の部屋で火事が発生する確率がとても少なくなります。そしてそれだけではなく、オール電化のマンションの場合は他の部屋も全てオール電化となっています。そのため、他の部屋でも火災が発生する可能性が極めて低いため、隣の部屋から火事が発生して自分の部屋まで燃え広がるといった危険性がなくなります。

災害時にすぐ復旧する

一般的にオール電化住宅の弱点として災害に弱い点がピックアップされます。確かに全てを電気で賄っているため停電になれば室内の設備がほぼ使えなくなります。しかしながら大規模災害の時はオール電化住宅のほうが一般の住宅に比べて復旧が早くなるのです。実際に東日本大震災が発生した際には電気はたった2日で復旧しましたが、ガスが使えるようになるまでは2週間以上かかっています。特に冬場には温かいお湯を使う機会が多くなることを考えると、これだけ復旧するまでの時間に差が生じるというのは軽視できないと言えるでしょう。

日本は地震が多い国なので、今後いつ東日本大震災のような大規模な地震が発生するかわかりません。万が一のことを考慮すれば、オール電化の賃貸物件の方が復旧しやすいというメリットはとても大きいと言えるでしょう。

千歳の賃貸は主要路線となっている千歳線沿線が狙い目です。市役所などの主要施設も沿線沿いなので、日常生活での利便性も高い環境です。